【新しい働き方LAB in Lagoon】フリーランス交流会 vol.1

10月24日の日曜の夕方、自分らしさを追求するコミュニティー「新しい働き方LAB」との共催で「フリーランスミートアップ vol.1」が「Startup Lab Lagoon」にて開催されました。

この交流会は、フリーランスとして活動している人、フリーランス自体に興味がある人を対象にしたイベントで、今イベントを皮切りに、毎月の最終日曜日に開催していくイベントとなっています。

イベント当日、参加者として集まった11名のうち、4名がフリーランスという内訳でした。

新しい働き方LABとは?

新しい働き方LABとは、多くのフリーランスが利用するクラウドソーシングサービスを運営する「ランサーズ」と、フリーランスがタッグを組んで運営しているフリーランスコミュニティです。

その活動内容としては、コミュニティに関わる人たちの「自分らしさ」を、共に創り出していくことを目的に、定期的に交流会やフリーランス支援などのイベントを開催しています。

イベントスケジュール

・新しい働き方LABについて
・自己紹介
・アイスブレイク(このメンバーで起業するなら!)
・フリーランスについて質問会
・フリータイム(交流会)

参加者の業種を振り返ってみても、かなり多様な職業の方がいらっしゃていて、交流会の議論もかなり内容の濃いものとなりました。

人とのスキルの掛け合わせで誕生する付加価値

アイスブレイクとして最初に行ったのは、「それぞれのスキルを掛け合わせてどんな起業をするか?」がテーマのワークショップ。

理学療法士×ウェブデザイナー×ライター=「福祉に特化したクラウドソーシングサービス」

最初に発表したグループは、介護福祉士と、ウェブデザイナー、ライターという3つのスキルの組み合わせで考えられた事業です。

事業内容としては、「フリーランスに特化したクラウドソーシングサービスがあるなら、体が不自由な人たちのニーズに応えたマッチングサービスがあってもいいのでは?」という発想からスタートしました。

専門的なスキルを販売するクラウドソーシンッグとは異なり、体の不自由な人の「やりたい」に応えるクラウドソーシングサービスを作ることで、販売されるスキルも、「買い物代行」から「動画編集」まで、幅広く掲載したいと発表。

理学療法士の経験や知識を生かし、ウェブデザイナーとライターのスキルでプラットフォームを形作っていく。まさしく、異業種のスキルの掛け合わせで成立する、素敵な事業発表となりました。

学校の先生×福祉関係(副業エンジニア)×フリーランス秘書=「大人向けの学習塾」

このグループの共通点は、みんなが「子を育てる親」ということ。

学校で先生として勤務する男性は、フリーランスの実態を知りたくて参加してくださったとのことで、今の学校教育と社会のニーズにギャップを感じていると話してくれました。

そんなグループが、考えた事業名は、「未来の大人を育てる塾」。

今の学校教育のシステムの中に、「失敗しても大丈夫!」という学びを得られる機会が、全くないことを問題提起しており、その原因を「今の大人」にあると定義しました。

「今の大人(子を育てる親・学校の先生)」は、失敗することを恐れるがあまり、多くの人が真っ当に歩める方法を助言しがちで、「失敗しても大丈夫」ということを伝えられていない現状があると感じているそうです。

事業内容としては、親の頭に「失敗しても大丈夫!」を植えつける、親子参加型のカリキュラムを設計しており、学校などの様々な団体に体験授業として提供し、社会を変えていくというものでした。

自分の立場や、職業が抱える問題を解決すると同時に、自らの経験やスキルでそれを「やってみよう!」と考える姿勢にとても感激しました。

フリーランスならでは、悩みを暴露

フリーランスの方々は、みな同じ悩みや経験をしているようで、お互いにアドバイスを送りあい、それぞれが抱える課題解決のヒントを持ち帰っていったように感じます。

また、フリーランスに興味がある人たちは、多様な働き方があることを知る機会となり、自らにもその選択肢があることに気づいた人もいたようで、今後のみなさんの活躍が楽しみになる交流会となりました。

次回は11月24日に開催!

今回の交流会のように、今後開催していくイベントも、多くの人にとってのキッカケや学びになればいいなと考えています。

【次回のミートアップ】

新しい働き方LAB×Lagoon presents フリーランス交流会 vol.2

11月24日(日)16:30~18:30 参加費500円

参加受付はコチラ↓↓↓

https://www.lancers.jp/lab/detail/182

場所は、もちろん「Startup Lab Lagoon」にて開催予定です。ご興味のある方は、是非お気軽にご参加ください。