2020年6月18日events

【沖縄で働くフリーランスエンジニア】1件200万!?住む場所も自由自在!?フリーランスで生きるエンジニアの実態とは

「フリーランスエンジニアってどうやって仕事取ってくるんですか?」自由な働き方、場所を選ばず、海外でリモートワーク、高年収、といったものすごくいい印象の強いフリーランスという概念。しかし、実際はそこまで華やかなものではない?といった情報も多くあると思います。

そこで、今回フリーランスでエンジニアとして働いた経験を持ちながら、現在はエンジニア社長として会社経営をしている柴田氏に話を伺う機会を作ることができました。

ライブ配信は、6/20(土)14:00から!Lagoonのyoutubeチャンネルで配信するので、チャンネル登録してお待ちください!

(なにをしているんだ、、、

ここから先は打ち合わせ内容を少しだけ紹介!

フリーランスをやっていた期間は?

こんにちは!今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

ライブ配信の打診を快諾してくれてありがとうございます。早速ですが、フリーランスとして働いた期間はどれくらいでしょうか。

約3年くらいです。最初に就職したスタートアップ会社の社長がいなくなってしまい、致し方なくフリーランスになったのが21才の時でした。その時はすごく辛かったです。ぼくしかいないオフィスにノックしてきて、誰かな〜って思ったらマンションの管理人で「家賃まだ?」とか言われながら仕事してました。とはいえ、刺激的ではありました。よく考えたら、実家に帰った方がよかったんですけどね。笑

なるほど、そうなんですね!現在はエンジニアとして働きはじめてどれくらいになるんですか?

約8年くらいです。その中で、会社勤めもしたりしていました。現在は会社経営をやっているので、様々な視点でエンジニアのことを話せるんじゃないかるんじゃないか、と思っております。これを聞いてくれている方達の選択肢が増えたらいいな、と思います。

本当に今回はありがとうございます。フリーランスで活躍されてた期間のことを聞きたいのですが、実際に仕事などはどういう風に受注したりしていたのでしょうか?

実際のところ、知り合いづてが多かったです。他にも、クラウドソーシングで仕事を受けてたりもしました。週末ワーカーというサービスを利用して仕事をしていたりもしました。

なるほどです。クラウドソーシングは一般的な案件の値段と比べると低い、と言われてたりもすると思うんですけど、そこのところどうだったのでしょうか。

実際低いとは思います。とはいえ最初の2ヶ月が2-30万、そこからは月50万くらいは稼げました。調整が不要な案件を設定していました。クラウドソーシングをはじめたばかりのトラブル回避も考えて、サーバーのssl化やサイト移行などを受けていました。そこで信用を溜めて次の案件につなげたりしていました。

なるほど、、、クラウドソーシングで案件を受けるにしても戦略が必要なんですね。フリーランスはじめたころって不安じゃなかったですか?

不安もありました。まあそこは、自分自身でお金を稼ぐ上ではみんな感じることだと思っています。詳しくはライブ配信の時に話しましょうか。笑

そうですね!

続きはライブ配信で!

ライブ配信では、フリーランスの時のよかった案件、難しかった案件、またフリーランスになる上で不安だったことなども聞いていきます。

ライブ気になる!と言う方は、youtubeをチャンネル登録して通知をオンにしてもらえると、ライブ配信時に通知がくるようになります。

https://www.youtube.com/channel/UCt5GkcHUCenSfUVCc46dg-Q

また、質問等ありましたらコメント欄から拾っていきたいなと思っています。

お待ちしています!

ライブ配信は終了しました!

アーカイブはこちらから↓

https://www.youtube.com/watch?v=LUkI_1WDcxY