2022年11月16日ニュース イベント

スタートアップラボ1を終えての振り返り

参加しての感想

lagoonでインターンをしているいっしーです。

11月14日にスタートアップラボ第一回の「スタートアップとはなにか」が終わりました。

来週の11月22日(火)に第二回があるのですがその前に第一回の感想を記事にしました。

まず、スタートアップって夢があるなと思いました。スタートアップは決められたルールなどなく理解されないことが前提の起業だという言葉がすごく心に残りました。誰にも理解されないものを作ってどうするんだと思っていた矢先、参加者が講師の麻生さんに同じ内容を質問してくださいました。すると「麻生さんは3000を超えた会社の創業期を見てきたから直感でわかるとおっしゃったあと、唯一顧客だけに理解されるものが大きくなっていく」と答えて頂きました。そんなサービス創れたら非常にワクワクするだろうなと思い聞いていました。また、スタートアップはJカーブを描くと言われているというのを言葉としては知っていましたが実際に上場した企業の営業利益の年度別のグラフを見てハッとさせられました。思ってた以上にマイナスです。それも80億程度のマイナスを重ねた後に急激に伸びていくことが分かりました。今回の講座で今まで起業に持っていたイメージが全くもって変わりました。いつか起業したいけどと考えていては起業してからがしんどいことがわかりました。

ここまで、長々と感想を読んでいただきありがとうございます。

参加者数 27名

年代 幅広い年代

 

最後に麻生さんの言葉で印象に残ったものを載せときます。

「起業して失敗するのは当たり前だけど、無駄な失敗をしないように起業前に準備することが大切。無駄な時間をなくし、本質的な問題と向き合う時間を創るための準備を一緒にしよう」

ぜひスタートアップラボにご参加ください。