2020年6月16日Hello! New Normal イベントレポート

沖縄観光産業のニューノーマル。第1回[Hello! New Normal]【前編】

「沖縄観光産業のニューノーマル。」第1回「観光業界の変化と対応」終了しました!

Hello New Normal企画のテーマ別企画「沖縄観光産業のニューノーマル。」シリーズでは、県内外の観光業の第一線を知る方々に、 with/afterコロナ社会の沖縄の観光の可能性についてお聞きし、沖縄における観光をアップデートするためのアイデアについて考えました!

今回の記事は前編・後編に分かれています。後編を読みたい方はこちらから→https://lagoon-koza.org/archives/6493

<ゲスト/モデレーター>
ゲスト/やまとごころコンサルティング 村山慶輔氏
ゲスト/JTB沖縄 杉本健次
・モデレーター/案内役は​中村圭一郎氏 (ISCOフェロー/沖縄観光の未来を考える会事 務局長)。

人類にとって、旅は本当に必要なのか

今回のイベント全体のテーマ「人類にとって、旅は本当に必要なのか」。

モデレーター中村さんからの問題提起。これから数回のシリーズをかけて、この問いについて深めていきましょう。

「旅行者のニーズの変化がおきている」―やまとごころコンサルティング 村山慶輔氏

村山氏からのパネルトークは、アンケートデータなどを用いた詳細な観光業界の現状について。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、旅行者のニーズに確実な変化が見られるようです。
日本のライフスタイルを台湾に提案するウェブマガジン「初耳」の、旅行に対するアンケートからの情報です。

▼ ”イマ”の旅行に対するアンケート

・人混みを避ける傾向が強くなっている!
・屋内のコンテンツを避ける!
・大勢での旅行を避ける!
・公共交通機関の利用を避ける!!!
・衛生面を意識する!

ニーズを読み解く重要なキーワードは「開放的・商人図・清潔」
その結果、「田舎・地方」が人気の旅行先になることが予想されています。ちなみに…..コロナが起きる前に発表された2020年の旅行トレンドは、「穴場旅」。コロナの影響も相まって、かなり高い確率で「田舎・地方」が旅行先のトレンドとなっていくでしょう。

▼ 国の転換

・量から質への大転換 (旅行者を追う数は、量ではなく質)
・ガイドラインを作成(安全を可視化→発信)

続くトレンドは、量から質への転換。沖縄でも、観光客1000万人を目標とするなど、人数を目標に掲げてきましたが、数を追い求めるのではなく、旅行体験の質を重視する方向へシフトすることは不可避のようです。

また、安全な旅行を可視化し、その「質」を発信することも重要となってきます。

▼ 旅行に対する国内と国外の比較「可視化→発信」

海外の衛生に関する考え方は、事業者向けのルールではなく、旅行者への心理的安全性を確保するための「PRの側面が強い」ということ。
台湾では「クリーンクオリティマーク」という認定制度を作成し、安心を見える化するための制度が、早い段階から準備されてきました。
このような動きからも、世界の旅行客の方が、衛生面を意識している傾向があることが分かります。
一方で日本の場合は、ガイドライン自体も見えにくい状況になっているそうです。旅行業者等は、より安全の可視化を意識して発信していくことが重要です。

▼ Go To キャンペーン事業

国が用意している国内旅行のためのキャンペーン「Go Toキャンペーン」に対しては、かなりの期待が感じられました。

まず各都道府県ごとの予算を!との提案。都道府県の取り組みを支援する国の取り組みがあってもいいですね。また、休暇を分散するために、平日に休暇を取る施策もありなのではとの提案。

▼ 外出自粛解禁時に事業者向けに取った緊急アンケートから見えた傾向

・インバンドへの取り組み意欲が減っていない
→今後も重要視している。

・来年の3月〜4月に回復を期待。
→オリンピック前までに回復してほしいという期待と、ワクチン開発への期待が入り混じっているとの考察。

改めて今後狙っている国は、「台湾」「国内」「オーストラリア」だそう。やはり近場からというトレンドがありそうです。

▼観光回復のシナリオと今やるべきことの視点

今、観光業界が意識すべきこととして、自分等にとって観光とはどういう立ち位置なのか?と自らのスタンスを問い直すことが第一に挙げられました。また、先を見据えた汎用性のある準備(例えばベジタリアンやアレルギーなどの人への対応)を進めることが戦略的に出来るという視点も。

そして、最後に「柔軟性・柔軟性・柔軟性」これに尽きるようです。この状態はいつ終わるかわかりません。どんな状況にも対応できるように、常に柔軟に。というのが教訓になりそうです。

後編はこちらから→https://lagoon-koza.org/archives/6493